大学生のときにPCマックスを使っていました

2017-10-13PCMAXのレビュー

私は大学進学と同時に地元を離れ、心細い気持ちでいたので、知り合いが沢山ほしいという気持ちでサークルに入っていました。

そのサークルは定期的にオフ会を開催していて、たいてい飲み会でした。

サークルのグループメールで毎日世間話が繰り広げられているのですが、私はたいてい見る専門でした。

いま思い返すとサークル活動に馴染めなかったんだと思います。

私はその頃から寂しさ心細さをなんとかしたくてネットでの出会いを探し始めました。

理由はサークル内のグループメールで出会い系の話が出ていて、出会い系を使って恋人ができた人がいたからです。

その人に聞いたんです、私にもそのサイトを教えて欲しいと。

でもそのサイトは凄く使いにくく機械オンチの私には馴染ず、結局いい出会いは見つかりませんでした。

それから一時期は出会い系を離れていたんですが、街中でみた看板をきっかけにまた利用を再開しました。

それが私とPCマックスの出会いでした。

使ってみた感想は、サイトは見やすく日記とか楽しいサブコンテンツもいっぱいあって出会い以外にも利用したいと思えるぐらいでした。

とにかく機械オンチの私にでもすぐに馴染めたので、凄く使いやすかったです。

使い始めてすぐにひとりの男性からメッセージが来ました。

男性は、同じ地域に住んでおり、年齢は10ほど上でした。

なんどかメッセージをやりとりして、アドレスを交換し、毎日夜に連絡するのが日課になりました。

彼はとても優しくて、なんとなく寂しい気持ちが癒されました。

そんな日々が1ヶ月ほど続いたある日、どちらからともなく、「会ってみようか」という方向になりました。

私はサイトで知り合った男性と会ったことはないので、少し迷いましたが、1ヶ月間も胸のうちをさらけだして会話してきたので、安心感がありました。

彼の仕事が終わった後の、金曜日の夜、ダイニングバーで待ち合わせをしました。

画像の交換などはしていなかったので、ドキドキは倍増でした。

場所につくと彼はもういて、想像より少しだけマシでした。(笑)

芸能人で言うと、有吉広行に似ていました。

メールではなく、直接会話をしていても、メールのとき同様、やさしくて、穏やかで、すぐに緊張はほぐれました。

正直、そのときすでに心惹かれていました。

その日はもう遅かったので、そこのバーで解散しました。

帰るとメールが届いていて、よかったらまた会いたいとのことでした。

私も会いたいです、とすぐに返信をしました。

そこからは週に1回のペースで、食事だったり、飲みだったり、なにかしら会うようになりました。

ですが、私は10歳も歳が離れていることと、サイトを通した出会いに少しひっかかっていました。

もし、付き合うことになったら、友達や家族にはなんと言えばいいのか、家族には、相手の男性を見れば見抜かれてしまうのではないか。

彼は、当然のように告白をしてきました。

私は当時20歳で、こんな若い子と付き合ってそれこそ彼は恥ずかしくないのか?もしかしてもう妻子か彼女がいて、ただのセフレ?

など、いろんな余計なことが頭をめぐるようになり、結局、お断りしてしまいましたが、今でも当時のことをたまに思い出して、彼に思いを馳せることがあります。

PCMAXの評判がわかる口コミ評価

PCMAX公式サイトへ[R18]